羽毛の宝石アイダー

アイダー羽毛ふとん
アイダーダウンの生産量は、世界で年に約1,600枚しかありません。氷の島極寒の地、アイスランドに生息するアイダーダックは、その厳しい環境に適応するために保温性のある毛を身に付けています。その秀でた保温性は、類をみません。また、羽毛がステッキー(かぎ状)になっている為、ダウン同士が固まりやすく、空気層を多く形成させます。希少で宝石とされていたアイダー布団はヨーロッパの王侯貴族の寝具として使用されていました。
ムアツ布団(ムアツふとん)詳細情報

羽毛の宝石アイダー

羽毛の宝石アイダー
ページトップへ